昭和医療技術専門学校は臨床検査技師を養成する東京の専門学校です

最新情報

ある日の実習風景−2年生 患者さんへの接し方を学ぶ看護学実習!


現在、看護師と活躍している先生が教えてくれます!


患者さんをベットからの起こし方です。


慎重に患者さんを移乗します。


そのまま車いすへ移乗します!


見事に移乗出来ました!


血圧の測り方も勉強しました!


血圧の上と下を測りますが、これがなかなか難しい…です。


血管年齢の測定装置です!


このように腕・足に器具を付けて測ります!


年相応の判定ならOKですね!


なんと50才の判定?受けた学生は20才代の男の子なのに……。

臨床検査技師として、看護師の業務の一部を学ぶことで、人の命に関わることの重要性を理解します。また臨床検査技師の業務である生理機能検査は患者さんと接する機会がありますので、患者さんとのコミュニケーション、思いやりの心や言葉使いなど実技をとおして学び、今後の勉強に活かしていきます。
具体的には患者さんをベットから車いすへの移乗の仕方や血圧計の使い方、血液年齢の測定などを行いました。
臨床検査技師とはまた違う角度からの勉強も、医療の道を目指すうえで大事なことと学生さんたちは真剣に講義、実技を学んでおりました。

ページの先頭へ

  • 資料請求
  • 学校見学
  • オープンキャンパス