昭和医療技術専門学校は臨床検査技師を養成する東京の専門学校です

最新情報

『第8回日本臨床検査学教育学会学術大会』に本校も参加しました。

%8Aw%89%EF%87E.jpg
会場の大阪大学コンベンションセンターです。

%8Aw%89%EF%87%40.jpg
学会のメイン会場です。多数の来場者がありました。

%8Aw%89%EF%87C.jpg
本校学校長がセミナーの司会進行を努めました。

%8Aw%89%EF%87D.jpg
本校の教員が一般演題で発表を行いました。

%8Aw%89%EF%87F.jpg
本校の発表時は座席が埋まり、立ち見が出るほど注目されました。

%8Aw%89%EF%87A.jpg
最終日に本校学校長が来年の大会長として挨拶を行いました。

平成25年8月26日(月)〜28日(水)の3日間にわたり、大阪大学コンベンションセンターにて『第8回日本臨床検査学教育学会学術大会』が開催されました。
今学会は「臨床検査の未来を拓く」をテーマに掲げ、医療の高度化・複雑化や超高齢化社会の到来など、医療環境の大きな変化に適応できる人材を育成するという視点での講演、シンポジウムのプログラムが組まれました。
主催である日本臨床検査学教育協議会の副理事長を務め、今大会の実行委員長でもある校長先生は、学生のための特別企画「キャリア形成支援セミナー」の司会を務められ、最終日の閉会式においては、来年の大会長としてのあいさつをされました。


また、一般演題の教育学では、本校教員の香取先生が本校を代表して発表を行いました。題目は、『本校のスローガン「全員卒業・全員合格」を掲げての3年間 〜担任の立場から〜 』
会場は、大学をはじめ大学院、短大、専門学校の先生方で全て席が埋まり、後ろで立って聴く方も多く、本校の発表に対する関心の高さが伺えました。
発表後の質疑応答では、多くの学校から質問や賛辞のお言葉をいただき、持ち時間の10分を超えるほどの盛況振りでした。
 
→演題の詳しい内容は「各種実績」の学会発表ページに載っております。ぜひこちらをご覧下さい。
 http://www.showa.ac.jp/rinsho/activity.html


来年の第9回臨床検査学教育学会学術大会は本校が主管校となり、校長先生が大会長を務めます。開催期間は、平成26年8月20日(水)から22日(金)の3日間、会場は本校と同じ大田区にある大田区産業プラザで開催されます。
学会開催は大きなプロジェクトとなり、教務課や事務課だけではなく、学生の皆さんが一丸となり、学会の成功を収めたいと思います。

ページの先頭へ

  • 資料請求
  • 学校見学
  • オープンキャンパス