昭和医療技術専門学校は臨床検査技師を養成する東京の専門学校です

最新情報

臨床検査技師として活躍している卒業生が講演しました!

2013%98e%93c%87%40.jpg
各先輩方からそれぞれ説明がありました!

2013%98e%93c%87A.jpg
冗談を交えての説明で、終始笑いのある説明でした!

2013%98e%93c%87B.jpg
検査室についても詳しく説明!

2013%98e%93c%87C.jpg
スライドを使いながらのわかりやすく説明です。

2013%98e%93c%87D.jpg
身振り手振りをつけて丁寧に説明していただきました。

2013%98e%93c%87E.jpg
勤務している大学病院についても紹介!

2013%98e%93c%87F.jpg
学生さんとの質疑応答コーナーです。

2013%98e%93c%87G.jpg
学生さんの質問には優しく回答していただきました。

2013%98e%93c%87H.jpg
とても素敵なカッコイイ先輩方、本当にありがとうございました。

2学年の医療人特論という授業の中で、現在、臨床検査技師としてご活躍されている本校卒業生2名の方が後輩のために、講演をしていただきました。


秦野赤十字病院で勤務している19期生の平石さんと順天堂大学附属順天堂医院に勤務している同じく19期生の脇田さんです。
平石さん、脇田さんはそれぞれ臨床検査技師として仕事に従事しているのはもちろん、臨床検査技師のさらにステップアップした資格である認定血液検査技師や緊急検査士の資格を活かした仕事をしていたり、海外で講演をしたり、専門分野を活かした多方面でご活躍されているすごい卒業生なのです。


授業ではそれぞれ臨床検査技師を目指した理由、学生時代の思い出、現在の職場のことなどお話いただきましたが、真面目な話の中にそれぞれユーモアを交えて終始楽しい雰囲気の中、実際の臨床検査技師の活躍ぶりを聞くことが出来て貴重な時間を過ごしておりました。


最後に学生と質疑応答を行い、先輩からメッセージをいただきました。
平石先輩からは目標を設定してそれに向かって頑張る。目標は小さくても大きくても何でも構わない、脇田先輩からは何か言われたり、頼まれたりしたことに、なるべくNOと言わない、たとえ難しいことを頼まれてもそれをする努力が大事、そうすれば壁を乗り越えられるようになる。


また自分は学生時代は勉強面など大したことはなかった…環境やまわりの仲間の影響や、また自らアンテナを張っていろいろ動いて刺激となるようにすれば、自分の道が広がっていくので頑張ってほしいという応援メッセージをいただき、実際、臨床検査技師として活躍されている卒業生の話だけに、学生は本当に今後の勉強生活また国家試験に向けて良い刺激になったと思います。


平石先輩、脇田先輩、本当にありがとうございました。

ページの先頭へ

  • 資料請求
  • 学校見学
  • オープンキャンパス