昭和医療技術専門学校は臨床検査技師を養成する東京の専門学校です

最新情報

自分の旅への第一歩   学校長 山藤 賢

35期生の卒業式と謝恩会が終わりました。
卒業式は、例年通り、卒業生一人一人のスピーチに会場は涙と笑いに包まれました。
あらためて思いましたが、本校は日本の臨床検査技師教育機関の中で一番長い病院実習を行っていることで有名でありますが、同時に一番長い卒業式を行っています(笑)
そりゃそうです。一人ずつのスピーチがありますから…。
ある来賓の先生から言われました「とにかく長いよねー、そしてとにかく感動する」と。
嫌味半分、感動半分ですかね(^^)(笑)
そんな卒業式にたくさんの講師の先生方がきてくださる、そして卒業生の数以上のご父兄が来て下さる、こんなあたたかい卒業式はここにしかないのではないかなぁと思いました。
もちろん、私も涙だらけの卒業式でした。
来賓の先生方からは、君たちはこの学校を選んでよかったと、力強くそして優しい言葉をたくさんいただきました。ありがとうございました。
しかし、30人もの皆勤賞が壇上に並んだ姿は壮観だったなぁ。
本校らしさに微笑みと誇らしさを感じました。
そして謝恩会。
さらに多くの講師の先生方、実習先でお世話になった先生方が来てくださいました。来た瞬間から泣いていた講師の先生もいました。卒業生からの想い出DVD、3年担任香取先生からの号泣しながらのメッセージ、みんなでたくさん泣きましたね。
そして…、みんなでたくさん笑いましたね。
そんな光景を見ながら、また皆さんを送り出して、一人感慨深い思いを抱きながら、こんなことを考えました。
みんなの居場所はここにあるよと。
この先の人生、自分の足で歩みださなければなりません。
でも迷うときもあります。
そんな時、みなさんの居場所であったここに、いつでも戻ってきてください。
私達はいつでも、ここにいます。
そして、いつものように、巣立っていく皆さんを送り出した後に、私の宝物が一つ。

170318-1.JPG


皆さん一人一人からのメッセージ入りの色紙。
ありがとう。
これからも一緒に歩んでいきましょう(^^)
頑張れよ!35期生!!
学校長 山藤 賢


35期のみなさん。ご卒業おめでとうございます。
この前入学してきたと思ったら、もう卒業ですね。なんだか、あっという間の3年間でした。
この3年間は皆さんと共に歩んできたな〜と思っています。何をするにもいつも一緒でした。たくさんの思い出もできました。ありがとう。
そんな皆さんの巣立ちはとても嬉しく、そして、寂しい想いもあります。
でも、みんなで前に進もうと約束したから、私もまた、頑張ります!
困った時、何か嬉しいことがあった時、どんなときでも、来て下さいね。
また、皆さんに会えることを楽しみにしています。
そして、皆さんのことをいつまでも応援しています。
みんな、ありがとう。
『私はできる!』
がんばってね!!
第3学年担任 香取


170318-2.jpg

ページの先頭へ

  • 資料請求
  • 学校見学
  • オープンキャンパス