昭和医療技術専門学校は臨床検査技師を養成する東京の専門学校です

臨床検査技師科 学科詳細

臨床検査技師の仕事とは

臨床検査技師科とは

 病院に行って採血をされたことがありますか。その採血した人は臨床検査技師です。この採取した血液を検査し、体の中の情報を分析します。例えば、血糖(グルコース)やコレステロールがどのくらいの量存在しているのか、またある種の蛋白質を分析することにより癌(ガン)を見つけ出すことも出来ます。現在では、少量の血液から多くの情報を得ることができます。そして、この情報こそが患者さんの生体内の状態を分子レベルで知ることになり、病気の発見や治療・診断・予防に不可欠なものとなります。血液以外にも、尿、便、髄液、喀痰などからも多くの情報を得ることができます。さらに、臨床検査技師は、患者さんから直接、生体内の情報を取り出す仕事をしています。この検査は生理機能検査と呼ばれ、心電図検査・超音波検査・呼吸機能検査・脳波検査などがあります。現代医療に於いて、病気の発見・予防には臨床検査が欠かせない仕事になっています。

    

■ 生理機能検査 患者さんと直接接する仕事です。法律的には、心電図・心音図・脳波・筋電図・基礎代謝・呼吸機能・脈波・熱画像(サーモグラフィ)・眼振電図・重心動揺計・超音波(エコー)・磁気共鳴画像(MRI)・眼底写真・毛細血管抵抗・経皮的血液ガス・聴力検査の16種の検査があります。
■ 一般検査 尿検査をおこない、病気の早期発見に一番近い情報が得られます。尿中の糖やタンパク質、さらに目に見えない固形の成分を顕微鏡で検査します。糖尿病や腎疾患の診断に役立ちます。さらに、寄生虫の検査もおこなっています。
■ 生化学検査 生体内の様子を分子レベルで検査します。例えば、糖質(グルコース)・脂質(中性脂肪やコレステロール)・蛋白質や尿素・尿酸、電解質(Na、K、Clなど)、酵素(エンザイム)などを分析検査します。特に、緊急検査では、心筋梗塞や昏睡状態の患者さんの状態をいち早く把握し、その後の治療に役立ちます。また、健康診断などでは、病気の予防にも不可欠な検査です。
■ 病理検査 癌(ガン)の早期発見や治療に役立ち、細胞を顕微鏡で検査します。そのための、人体解剖の介助や標本作成も検査技師がおこないます。さらにスキルアップしたい人は、臨床検査技師国家資格取得後に細胞検査士(サイトスクリーナー)の資格を目指すことになります。
■ 血液検査 赤血球・白血球・血小板などの検査、さらに血液の凝固(固まるしくみ)や線溶(溶けるしくみ)の検査をおこないます。貧血や白血病などの検査に重要です。
■ 微生物検査 O-157や食中毒などの細菌を検査し、薬剤との関係をしらべます。また、結核やインフルエンザなどの感染症の検査もおこないます。
■ 免疫検査 血液型や輸血・移植検査、感染症の検査をおこないます。また、エイズ、性行為感染症(STD)、リウマチ、膠原病などの検査もおこなっています。

臨床検査技師の活躍の場

ページの先頭へ