東京都内で唯一の臨床検査技師教育に特化した実績ある伝統校

昭和医療技術専門学校

NEWS

「検査と技術2月号(Vol.47 No.2)」に掲載されました!

2019.01.16

教務主任 香取先生の原稿が「検査と技術2月号(Vol.47 No.2)」に掲載されました。

FOCUS(フォーカス)ページ内、P.112~P.114「社会に出て活躍できる医療人の育成」というタイトルです。

出版社である医学書院の方から学校に、臨床検査技師の専門科目ではなく、当校独自の取り組みについて原稿の依頼があり、掲載に至りました。「あいさつ、掃除、礼儀」から、独自のカリキュラムである「日本語表現法・思考法」や「医療人特論」、全国の養成校の中でも最長の6ヶ月の「臨地実習」などを取り上げています。医療人になるために現場に立ち続ける力と患者に寄り添える感性、そのうえで多様性を身につけることを大切にしている、その様な当校が大事にしていることがカリキュラムとどのように繋がっていくのかご覧いただければと思います。

是非ご覧ください。

https://www.showa.ac.jp/showa_cms/wp-content/themes/showa-iryo/pdf/achievement/084.pdf