東京都内で唯一の臨床検査技師教育に特化した実績ある伝統校

昭和医療技術専門学校

臨床検査技師科

臨床検査技師とは

医師の指示のもと、病気の診断や治療の効果を知るために、様々な検査を行う仕事です。
検査には大きく2分野あり、1つは患者さんの体から血液、尿、組織片などを取り出して調べる「検体検査」があります。
もう1つは患者さんに直接、心電図や脳波、超音波などの測定器を使用して調べる「生体検査」です。
高度化、多様化した現代医療において臨床検査技師の取り扱う検査や項目はますます広がり、専門特化した人材も強く求められています。

主な臨床検査業務

主な臨床検査業務には2つの分野、7つの部門があります。

検体検査(血液、尿、便、骨髄液、喀痰など)

生化学検査
生体内の様子を分子レベルで検査します。例えば、糖質(グルコース)・脂質(中性脂肪やコレステロール)・蛋白質や尿素・尿酸、電解質(Na、K、Clなど)、酵素(エンザイム)などを分析します。特に、緊急検査では心筋梗塞や昏睡状態の患者さんの状態をいち早く把握し、その後の治療に役立ちます。また、健康診断などでは、病気の予防にも不可欠な検査です。
一般検査
尿検査をおこない、病気の早期発見に一番近い情報が得られます。尿中の糖やタンパク質、さらに目に見えない固形の成分を顕微鏡で検査します。糖尿病や腎疾患の診断に役立ちます。さらに、寄生虫の検査もおこなってます。
病理検査
癌(ガン)の早期発見や治療に役立ち、細胞を顕微鏡で検査します。そのためには、人体解剖の介助や標本作成も検査技師がおこないます。さらに、スキルアップしたい人は、臨床検査技師国家試験取得後に細胞検査士(サイトスクリーナー)の資格を目指すことになります。
血液検査
赤血球・白血球・血小板などの検査、さらに血液の凝固(固まるしくみ)や線溶(溶けるしくみ)の検査をおこないます。貧血や白血病などの検査に重要です。
微生物検査
O-157や食中毒などの細菌を検査し、薬剤との関係を調べます。また、結核やインフルエンザなどの感染症の検査もおこないます。
免疫検査
血液型や輸血・移植検査、感染症の検査をおこないます。また、エイズ、性行為感染症(STD)、リウマチ、膠原病などの検査もおこなっています。

生体検査

生理機能検査
患者さんと直接接する仕事です。法律的には、心電図・心音図・脳波・筋電図・基礎代謝・呼吸機能・脈波・熱画像(サーモグラフィー)・眼振電図・重心動揺計・超音波(エコー)・磁気共鳴画像(MRI)・眼底写真・毛細血管抵抗・経皮的血液ガス・聴力検査・嗅覚検査・味覚検査の18種の検査があります。

臨床検査技師になるためには?

高等学校を卒業し、最低3年間の在籍と規定の単位を修得しなければなりません。そして、卒業することにより臨床検査技師の国家試験受験資格が得られます。その後、厚生労働省の実施する国家試験に合格し、申請・登録することにより臨床検査技師になることが出来ます。

臨床検査技師 活躍の場

臨床検査技師の活躍の場は病院・診療所・保健所をはじめ、製薬会社や研究所、臨床検査センター、医療機器メーカーなど、さまざまな施設があります。本校には毎年、定員を大きく上回る求人が寄せられ、医療各施設より熱い期待が寄せられています。

  • 国立病院
  • 大学病院
  • 大中小規模病院
  • 各種クリニック
  • 検査センター
  • 検針センター
  • 医療機器メーカー
  • 製薬会社研究所
  • 治験会社
  • 保健所